交通事故の被害

Mv jiko
交通事故被害の適切な慰謝料獲得のために専属チームがサポートします

交通事故被害のお悩み
アディーレに
ご相談は何度でも
成果のない場合の報酬金は
※1
「損はさせない保証」で
費用不安解消※2
  • ※1
    弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。
  • ※2
    委任契約の中途に自己都合にてご依頼を取りやめる場合、成果がない場合にも解除までの費用として、事案の進行状況に応じた弁護士費用等をお支払いいただきます。
被害者の方の今後に対する事故の影響を最小限に抑えられるよう、適正な賠償金の獲得に向けてサポートいたします。

交通事故の賠償金請求をアディーレに依頼するメリット

交通事故の被害にあい、適切な治療や補償を受けたいけれど「何をしたらいいのかわからない」と不安な方が多いのではないでしょうか。
弁護士にご依頼いただくことにより、ご不安を解消できるだけでなく、下記のようなメリットもございます。
メリット1
賠償金を増額できる可能性が高まる
適切な金額の賠償金を獲得するためには、過去の判例や法律の知識を駆使し、保険会社の提示金額が適切かどうかを判断することが必要です。弁護士であれば、裁判をしたならば認められる「弁護士基準(裁判所基準)」を前提とした示談交渉を保険会社と行うことができるため、賠償金を増額できる可能性が高まります。被害者の方の将来に対する不安を少しでも減らせるよう、アディーレは全力を尽くします。
慰謝料計算機

慰謝料計算機では、本来受け取れるはずのおおよその慰謝料金額を知ることができます。
「保険会社から慰謝料を提示されたけれど、本当にこれで示談していいのだろうか?」といった疑問をお持ちであれば、まずは慰謝料計算機を使ってみていただければと思います。


メリット2
適切な後遺障害の等級認定が受けられるようサポートします
交通事故にあい、後遺症が残った場合、後遺障害等級認定を申請することができます。認定された等級に応じて賠償金の金額が算出されるため、等級認定が適切に行われるかは非常に重要です。アディーレでは、後遺障害等級認定に関する高い専門知識を備え、多数の経験を積んだ弁護士が在籍しており、適切な認定結果の獲得に日々尽力しています。
メリット3
難しい手続はアディーレに任せて、ケガの治療に専念することができます
交通事故の被害者の方にとって大切なことは、ご自身のケガを治療することです。
弁護士に依頼すると、後遺障害等級認定の申請や保険会社との示談交渉をはじめとする、難しく面倒な手続を任せることができます。
アディーレでは、交通事故を専門に扱う部署を設けて対応しております。ご依頼をいただければ、被害者の方は安心してご自身のケガの治療に専念することができます。

弁護士に相談することで賠償金(慰謝料を含む)を増額できる可能性があります!

交通事故による慰謝料などの計算基準は低いほうから「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準(裁判所基準)」の3つがあり、保険会社が提示してくる金額は一番低い「自賠責保険準」で計算している場合が多いです。

ですが、弁護士が示談交渉に介入すれば、通常では一番高い「弁護士基準」で慰謝料額などを計算するため、結果として適切な賠償金額で示談することができます。当初、保険会社からの提示された賠償金額と比べると、2倍、場合によっては3倍近くまで増額されるケースもあります。

交通事故の被害に関する
ご相談は何度でも無料!

0120-250-742 【通話料無料】朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付
電話で無料相談する
朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付


交通事故発生から賠償金(慰謝料を含む)受取りまでの流れ

適切な賠償金(慰謝料などを含む)を受け取るためにはしっかりと治療を行い、完治後に後遺症が残った場合は「後遺障害の等級認定」を受ける必要があります。

後遺障害の等級が認定されると、加害者側の保険会社から金額など示談の条件が提示されます。 示談交渉が成立すればその段階で賠償金が支払われます。もし交渉が決裂した場合は裁判を行い、その結果をもとに賠償金が支払われます。

交通事故被害の状況別おすすめコンテンツ

交通事故の被害に関する
ご相談は何度でも無料!

0120-250-742 【通話料無料】朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付
電話で無料相談する
朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付

交通事故被害の賠償金の増額事例

性別
男性
年齢
50代
職業
会社員
傷病名
右脛骨高原骨折
後遺障害
併合12級
  • 弁護士費用特約を使用

弁護士依頼前約316万円

弁護士依頼後約954万円

638万円の増額に成功!

バイクで走行中に車と衝突し、右脛骨高原骨折などと診断されたPさん。症状固定後も左膝関節痛と右足底のしびれが残ってしまい、後遺障害等級の申請を行った結果、併合12級と認定されたPさん。当事務所への依頼後、保険会社から提示された示談金額について弁護士が粘り強く交渉した結果、逸失利益について400万円以上の増額、後遺症慰謝料について130万円以上の増額が認められ、賠償額の総額として600万円以上の増額に成功しました。
  • 事例の内容はご相談当時の状況や条件等によります。
性別
男性
年齢
60代以上
職業
アルバイト
傷病名
右足関節三果骨折
後遺障害
14級9号
  • 弁護士費用特約を使用

弁護士依頼前約200万円

弁護士依頼後約447万円

247万円の増額に成功!

自転車で走行中に大型貨物自動車に轢かれ、右足関節三果骨折と診断されたUさん。症状固定を迎えたものの、右足関節の腫脹と知覚鈍麻が残ってしまい、後遺障害等級を申請した結果14級9号と認定されたUさん。当事務所への依頼後、低額な保険会社からの提示金額について弁護士が粘り強く交渉した結果、休業損害、入通院慰謝料、後遺症慰謝料について増額が認められ、最終的な賠償額は約447万円を獲得しました。
  • 事例の内容はご相談当時の状況や条件等によります。
性別
男性
年齢
30代
職業
自営業
傷病名
外傷性頸部症候群・肋骨骨折・背部挫傷・両膝挫傷・頸部挫傷(むち打ち)
後遺障害
後遺障害なし
  • 弁護士費用特約を使用

弁護士依頼前約68万円

弁護士依頼後約120万円

52万円の増額に成功!

乗用車運転中、赤信号で停車中に貨物自動車に追突され、外傷性頚部症候群、肋骨骨折などと診断されたXさん。後遺障害は残らなかったものの、「休業損害は1ヵ月間分しか認めない」との保険会社の主張に納得いかず弁護士への相談を決意。当事務所へのご依頼後、弁護士は資料収集を行って加害者側の保険会社との示談交渉を開始。休業損害について粘り強く交渉した結果、10万円以上の増額が認められ、賠償金は50万円以上増額しました。
  • 事例の内容はご相談当時の状況や条件等によります。
性別
男性
年齢
60代
職業
会社員
傷病名
頸椎捻挫・腰椎捻挫・胸椎捻挫
後遺障害
14級9号
  • 弁護士費用特約を使用

弁護士依頼前約202万円

弁護士依頼後約315万円

113万円の増額に成功!

赤信号無視の大型トラックに衝突され、頸椎捻挫、腰椎捻挫、胸椎捻挫と診断されたHさん。症状固定後も腰部と頸部に痛みが残り、後遺障害14級9号が認定されたHさんは、保険会社の提示額の適切さについて当事務所に相談。当事務所へのご依頼後、弁護士が弁護士基準により算出した金額を提示し、事故形態の悪質性を主張して粘り強く交渉した結果、入通院慰謝料は20万円以上増額、後遺症慰謝料も弁護士基準の満額を獲得しました。
  • 事例の内容はご相談当時の状況や条件等によります。

交通事故に関するよくあるご質問

基本的に、加害者や保険会社と示談を結ぶまでは、どのタイミングでもご相談いただけます。 なお、当事務所にご相談いただいた方のうち、約70%の方がおケガの治療中でのご相談です。事故から6ヵ月以内を目安に、お早目のご相談をおすすめしています。
弁護士が交通事故の被害に関する示談交渉をお引き受けした場合、基本的には加害者側の保険会社との話合いによる解決を目指して進めていきます。
ただし、話合いによる交渉で、賠償額を安易に妥協することは決してありません。一般的に、保険会社は任意保険基準(保険会社独自の支払基準)に基づいて賠償金を算定してきます。これに対して弁護士は、弁護士基準(裁判所基準)を前提に示談交渉を行います。
そして、交渉により解決の見通しが立たないときに、紛争処理センターの利用、調停の申立、訴訟の提起など、ほかの手続を行うことになります。
加害者本人との交渉は、コミュニケーション自体が難しい場合が多いだけでなく、お互い法律の素人であるために、どの程度の金額が適正な賠償額なのかをきちんと話し合って決めることも難しいです。
これに対し、弁護士に依頼すれば、感情的になりがちな加害者との交渉を直接しなくて済みますし、弁護士基準(裁判所基準)に従って適正な賠償を受けることができます。
また、保険会社との交渉は、経験豊富な担当者と直接やり取りを行う必要がありますが、知識と経験の差が大きいため、保険会社の示談提示に対して、「そういうものなのか」と納得してしまうことも少なくありません。
これに対し、弁護士に依頼すれば、保険会社の提示する示談案を検討し、不合理な点については的確に反論してもらえるだけでなく、弁護士基準(裁判所基準)に従って適正な賠償を受けることができるようになるのです。
交渉を開始してから2ヵ月から3ヵ月程度が一般的です。もっとも、事故態様(事故の発生状況など)に争いがある場合など、交通事故の性質によっては、解決するまでに多くの時間を要する場合がありますし、また交渉を開始する前に必要な資料などを収集し、精査する時間も必要となります。
交通事故によるケガとショックを抱えながら保険会社と示談交渉をすることは、精神的にも経済的にも大変な負担となります。弁護士は、被害者の方やご家族のため、法律の知識を駆使して保険会社と交渉し、適正な賠償金が支払われるように全力を尽くします。

交通事故の被害に関する
ご相談は何度でも無料!

0120-250-742 【通話料無料】朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付
電話で無料相談する
朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付
FREE 0120-818-121 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中